ダマスクローズの伝統的利用方法

<伝統的な利用方法>

古代医学におけるR.Damascenaの最も治療効果は、腹部および胸部の痛みの治療、心臓の強化
、月経出血および消化器系疾患の治療および特に頸部の炎症の軽減等に利用されてきました 。北アメリカのインディアン部族は、子供の咳を和らげるための咳治療薬として、RDdamascenaの根の煎じ薬を使用しました。これは、緩やかな下剤として利用されたのです。
ローズオイルは、うつ病、悲しみ、緊張と緊張を治します。それは、喉の渇きの軽減、長患いの咳、女性の特別な不調、創傷の治癒、および皮膚の健康に役立ちます。ローズオイルの蒸気療法は、いくつかのアレルギー、頭痛、片頭痛などに有用です。

<製 品>

R. damascenaには、多様な製品が世界中にあります。主な製品は次のとおりです。

ローズウォーター

それは10-50%のバラ油を含むR. damascenaの主要な製品です。ローズウォーターの最も多くの用途は宗教的な儀式です。それは人々に落ち着きをもたらし、リラックスさせるために、特に弔唱式でのモスクで使用されています。最高品質のローズウォーターがカシャンで生産されています。Kaaba(God House)は、カシャンで製造された唯一の特別なバラの水で毎年洗い清められています。ローズウォーターは、食品業界でも高い評価を受けており、これを使用して特別な食品が製造されています。

ローズオイル

これは、R. damascenaの新鮮な花を蒸留することにより得られる揮発性油です。主な生産国では、主要な製品では有りません。ローズオイルは、農家や科学的管理下にある大規模な工場で、銅の蒸留釜で精製されます。約3000もの花弁で得られる油成分はほんのわずかです。ローズオイルは非常に高価で、不純物の混入する可能性が非常に高いです。油は、薄い黄色で半固体です。15~20%程度が常温で固体であり、固形分は、主に飽和脂肪族炭化水素(C14-C23ノーマルパラフィン)を含有し、無臭ステアロプテン(から成ります。R. damascenaの油分含量が低いため、天然および合成代替物の欠如のために、純粋なバラ油は世界市場で最も高価なものの1つです。

乾燥した花

2種類の乾燥した花が生産されています。
A)主に輸出用の乾燥芽。
B)さまざまな目的のための乾燥花びら
その主な用途は、消化器系の疾患治癒のための、食用です。一部のイラン人は、ヨーグルトに混ぜて食べます。花弁を乾燥させるもう一つの理由は、蒸留所ではもう生花を受け入れることができない場合の保存目的です。それらは、後の蒸留で使用されます。

ヒップ

イランでは、生及び乾燥、未加工及び加工されたローズヒップが利用されています。

その他の製品

その他の製品には、この植物の花、花弁、およびローズヒップから抽出されたヒドロゾル、無水エタノール、水性およびクロロホルムを含んでいます。この抽出物は、バラ油に比べて、安価です。エタノールおよびクロロホルム抽出物もまた研究目的のために精製されます。

化学組成

いくつかの構成要素は、花、花弁およびHIPS(シードポット)から単離されたR. damascenaテルペン、グリコシド、フラボノイド、及びアントシアニンです。この植物は、カルボン酸、ミルセン、ビタミンC、ケンペロールおよびクアセチンを含有しています。花にはまた、苦みの基本物質、日焼け物質、脂肪油、有機酸が含まれています。Loghmani-Khouzani らは、カシャンの地域にて栽培されたR. damascenaのエッセンシャルオイルに95以上のマクロ成分とミクロ成分を発見しました。そのうち18種の化合物が、全油の95%以上を占めていました。

ローズオイルの分析で同定された化合物は、β-シネレロール (14.5-47.5%), ノナデカン (10.5-40.5%), ゲラニオール (5.5-18%)、およびネロールとケンペロールが油の主要成分です。

R. damascenaの分析では、フェニルエチルアルコール (78.38%)、 シネレロール (9.91%)、 ノナデカン (4.35%) 、 ゲラニアール (3.71%)、 エタノール(0.00-13.43%)およびヘンエイコサンが主要化合物であることが示されました。
別の研究では、バラの組成は、フェニルエチルアルコール(72.73-73.80%)、シネレロール(10.62-11.26%)、ネロール(2.42-2.47%)、およびゲラニアール(5.58-5.65%)です。

ハイドロゾル(芳香蒸留水)はまた、4つの成分を含有することが判明しました;ゲラニオールが主要な化合物(30.74%)、次にシネレロール(29.44%)、フェニルエチルアルコール(23.74%)、およびネロール(16.12%)の順でした。

R. damascenaの薬効は、フェノール化合物の豊富さに一部原因があるようです。フェノール類は、広範囲の薬理学的活性に関係し、それらは、抗酸化剤、フリーラジカル捕捉剤、抗癌剤、抗炎症、抗変異原性、及び抗うつ薬などです。