ダマスクローズの形態と歴史

形態

R. damascenaは、高さ約1〜2mに達する多年草の潅木で、大きくて派手な色とりどりの花が茂っています。その寿命は最長50年、通常は約25年です。開花し花弁が利用できるようになるには約3年が必要です。

歴史

バラ科は、古代植物です。アメリカでは3000万年前のバラの化石がいくつか発見されています)。Damask roseの起源は中東であり、いくつかの証拠は、バラ水の由来はイランであるが、香油と抽出物の由来はギリシャであることを示している。この植物は、イラン、ヨーロッパ、ブルガリア、トルコ、インドなど世界中で栽培されています。イランのR.ダマスカナの主要な栽培地域はカシャン、ファールス、アゼルバイジャンで、その中でカシャンは最も有名な産地です。
イランのR.ダマスカナの栽培と利用には長い歴史があり、イランはその起源の一つであるという多くの証拠があります。油抽出のためのバラの粗蒸留は、7世紀後半に始まり、14世紀後半には地方に広がったと考えられています。イランは16世紀まで、バラ油の主生産地であり、世界中の国々に輸出されていました。