日別アーカイブ: 2018年3月1日

ダマスクローズ:催眠効果

中枢神経系(CNS)に対するそれらの効果を評価するために、R.damascenaについていくつかの薬理学的研究が行われています。CNSに対するこの植物の効果は広範囲です。
R.damascenaの開花期のエタノール抽出物は、マウスのCNSに対して強力な抑制作用を有することが示されています。評価されるこれらの効果のいくつかは、以下に論じられる睡眠薬、抗痙攣薬、抗うつ薬、抗不安薬、鎮痛薬効果、および神経成長薬です。

<催眠効果>

R. damascenaが中枢神経系に及ぼす影響の1つは、その催眠効果です。R.damascenaからのエタノ
ール性、水性およびクロロホルム抽出物をマウスの催眠効果のために使用しました。500および1000mg /kgの用量のエタノールおよび水性抽出物は、ジアゼパムに匹敵するマウスのペントバルビタール誘発睡眠時間を増加させました。しかし、クロロギ抽出物は催眠効果の有効性は確認されませんでした。

別の研究では、この植物の3つの成分(酢酸エチル、水性およびn-ブタノール成分)の催眠効果を評価しました。ペントバルビタール誘発睡眠時間がこれらの部分によって増加することが示されています。これらの成分のうち、酢酸エチル成分は最善の催眠効果を有しています。R.damascenaのエタノール粗抽出物およびその成分をマウスでも調査しました。ペントバルビタールは、ジアゼパムに匹敵する睡眠時間の延長をもたらすことができることが示されています。R.damascenaの抽出物および成分の催眠効果は示されていますが、この植物の催眠作用のメカニズムは明らかにされていませんが、R.damascenaは、フラボノイドおよびテルペンのようないくつかの成分を含んでいます。これらの化合物は、催眠効果を有する証拠が示されています。したがって、これらの化合物がR.damascenaの催眠作用に関与している可能性が示唆されています。

フラボノイドは、多くの研究で抗不安および/または抗うつ活性を有することが示されています。R.damascenaのフラボノイドが催眠効果に寄与することが示唆されます。この効果は、中枢ベンゾジアゼピン受容体に対する親和性に起因しています。NogueriraとVassilieffは、Rosaceae科の他の属がGABA作動薬系を介して催眠作用を発揮することを示しました。したがって、この系は恐らくR.damascenaの催眠作用に関与する別のメカニズムです。