日別アーカイブ: 2018年3月9日

ダマスクローズ:鎮痛効果

R. damascenaの鎮痛効果も報告されています。ある研究では、ホットプレートおよびテイルフリックでのマウスにおける水性、エタノール性およびクロロホルム抽出物の効果を評価し、エタノール抽出物のみが鎮痛効果を示しました。
酢酸ホルマリン中の水アルコール抽出物およびエッセンシャルオイルの酢酸のホルマリン鎮痛活性およびマウスのテールフリック試験は、植物のエッセンシャルオイルが鎮痛作用を示さなかったことを示しました。しかしながら、ヒドロアルコール抽出物は、酢酸試験およびホルマリン試験において強力な鎮痛効果を有し、テイルフリック試験には効果がありません。
水アルコール抽出物およびエタノール抽出物の鎮痛効果に基づいて、水に溶解しない植物の成分が、観察される鎮痛効果に関与し得ることが示唆されます。
したがって、水に溶けないケルセチンとケンペロールがこの効果の原因である可能性が示唆されています。
最近、抗酸化物質がホルマリン試験の痛みを軽減することが報告されています。
R. damascenaは、フラボノイドを含むことが報告されています。
したがって、これらの化合物は、植物の鎮痛効果にいくらかの役割を果たすようです。
テイルフリック試験では、エッセンシャルオイルおよび水アルコール抽出物は抗侵害受容活性を発揮できませんでしたが、エタノール抽出物はテールフリック試験に影響を与え可能性があります。
これらの作用のメカニズムは完全には分かっていませんが、正確なメカニズムを見出すためにはさらなる研究が必要でしょう。