日別アーカイブ: 2018年4月14日

Camino de Santiago(2)

カミノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)は、聖ヤコブの道を意味し、
ガリシア地方のサンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)に通じるルートを指しています。サンティアゴ・デ・コンポステーラは星空のセント・ジェームズを意味します。

巡礼者は自らの家からカミノを始めた。
黄色のホタテ殻と黄色の矢印がサンティアゴへの道のりを示します。
OviedoのCamino Primitivoは、最も古いCaminoルートです。

 

 

しかし、最も有名なカミノのルートは、サン・ジャン・ピエ・ド・ポールを出発点にしたカミノ・フランセーズまたはフレンチ・ウェイです。
サン・ジャン・ド・ポールからサンティアゴまでの道は800キロメートル、完歩するまでに約5週間かかります。
コンポステーラ証明書を受け取るためには、サンティアゴまで少なくとも100km歩く必要があります。これにより、サリア(サンティアゴから111キロメートル)が歩行者にとって最も人気のある出発点になっています。自転車の場合は、コンポステーラ証明書を受け取る為にサンティアゴまで少なくとも200km走行する必要があります。

毎年200,000人以上の巡礼者がサンティアゴに到着し、コンポステーラ証明書を受け取ります。
カルミノを文化的または非宗教的/精神的理由で歩いている場合は、歓迎証書を受け取ることができます。(続く)