カテゴリー別アーカイブ: 20..Oki Doki

小田原史跡散歩①

自宅からお店まで約4kmの道のりを、出来るだけ歩くようにしているのですが、友人に誘われて小田原市の史跡「蓮上院土塁」を経由して、お店に出勤しました。
豊臣秀吉の小田原攻めに備えて北条氏が大規模な土塁を築き、その一部が残されているものです。
小学校、寺院と民家の間にひっそりと残る「歴史の残像」、気にしなければ通り過ぎてしまうほどの日常に埋もれた遺跡です。第二次世界大戦の空爆によって一部が吹き飛び、その傷跡が残る歴史の証人でもあります。

小田原市の資料はこちらからどうぞ。

蓮上院土塁

ラオス&ベトナム旅 ハノイでの出会い

ラオスからの岐路、ハノイに一泊の予定で立ち寄りました。約十年前にホーチミンは訪れていたのですが、ハノイは今回が初めてです。
観光地へは行かずに旧市街地を探索したり、市民が好んで食事する場所に出向いたりと、ぶらりぶらりの滞在です。その中で、ある骨董店に立ち寄り聖人像に出会いました。
ベトナムは、1887年 – 1945年の間フランスに支配された歴史を持ち、その影響は広範囲に及んだことでしょう。その過程において北部のNam Dinhで作成されたものと聞きました。
約150年前の木像です。

高さ:約25cm
左側:Saint Joseph
右側:Saint Anthony

img_20161107_140703

Saint Joseph

Saint Joseph

Saint Antony

Saint Antony

ラオス&ベトナム旅 ブン・オークパンサー

先月17日から27日までラオスとベトナムに買い付けのため、行ってきました。
特にラオスのルアンパバーンに到着した17日は印象深い夜です。
これ以上ないような渋滞に見舞われ「こんな田舎で、なんでこんなに車やバイクがいるの?」と、
初めてのラオスで、驚くばかりです。
pa180015

ブン・オークパンサー(3カ月続いた僧侶の修業期間「雨安居(うあんご)」の終了日)にあたってしまったのです。
寺院の灯明が幻想的です。若い僧達が灯が消えないように見守っていました。

ラオス職人の道具①

これは、ルアンパバーンの骨董店で見つけた織物素材を叩いて柔らかくする木槌です。ヘッドは、水牛の角で、きれいな形をしています。道具には、共通して機能美が有ります。

14771130971831601112567

ラオスにて

17日からラオスに滞在しています。町全体が世界遺産の町「ルアンパバーン」です。メコン川とメカン川に挟まれた半島の様な地形にフランス風の建物、沢山の仏寺があり、早朝の托鉢が有名です。素敵な品物が見つかれば良いのですが?

img_20161019_180038

NHKーBSでイランが紹介されましたね!

7月2日、NHK-BSでイランの文化などが紹介されました。
「鶴田真由のイランふしぎ体感紀行・鉄道とバスでめぐる1200キロ」

人々の生活だけでなく、ギャッベ(絨毯)やローズウォーターも紹介されました。
とても分かりやすい内容だったので、ペルシャの絨毯、ローズウォーター、食材を扱っている者として、とても嬉しいです。

面白かった〜!

※ギャラリータキモトのローズウォーターはこちら!

お正月に向けて模様替え

25日の閉店後は、クリスマス・モードからお正月・モードへ模様替えです。
ショーウィンドウに飾っていたアドベントカレンダーは、無事24日まで窓を
開けることが出来ました。
妻と母は、20日のクリスマス礼拝を済ませていますから、半分クリスマスは
終わったようなものです。25日のクリスマスの夕べ、お得意様がコーヒーを
飲みに立ち寄って下さいました。
デーツチョコレートをお出しして、喜ばれました。(よかった!)
20151226-6

11月のネパール出張

11月13日から24日までは、中国とネパールへの出張でした。商品の買い付けのみならず、当地の業者さんとの親交を深める事も大切な事柄です。より良い商品をお客様にご紹介する為には欠かせない事ですね。
今回は、中国からネパールへは昼間の移動でしたから、機中からヒマラヤを望む事が出来ました。
IMG_20141117_123707