カテゴリー別アーカイブ: 21.お庭からのお花通信

四季折々に咲くお花のメッセージをお庭からお送りしますね。

久々の草花のアップです

灯篭の前に咲くのは「ぎぼうし」です。
薄紫の百合のような花がさいて、落ち着いた
雰囲気を出してくれます。

 

 

近くに「ほうせんか」の蕾がみえます。
これから楽しみですね。

 

 

これは「カサブランカ」です。蕾が出ないうちから幹が太くて、現在は直径が3cm以上あり、高さが2mを超えています。
大輪のきれいな花を開花し、香を充満させています。

 

カサブランカに負けじと咲いているのが「やま百合」です。二種類あるので続いてみてください。

 

 

シラー

このシラーも近くの農家からいただいたものです。
花言葉は「辛抱強さ」。

ここで聖書の心にしみる一句をご紹介しましょう。
<新約聖書 ローマ人への手紙5章より>
「艱難が忍耐を生み出し、 忍耐練達を生み出し、 練達が希望を生み出す。 この希望は失望に終わることがない。」

石楠花が満開です。

種類は分からないのですが、庭にある西洋石楠花と違い樹高が低く、小さめの花が咲きます。
裏側でそれを鑑賞しているのは、唐三彩の駿馬ですね。
「きれいに花を咲かせたね!」なんて、言っていますか?