ペルシャに興味ありますか?

見てみようペルシャ!

松本清張とペルシャ(ペルセポリスから飛鳥へ)

たまたま、古い雑誌をとりだしていたら、松本清張さんの「清張古代史をゆく-ペルセポリスから飛鳥へ」の記事が目に留まりました。昭和54年の出版です。古本を探して、早速手に入れました。今年の5月に2回目の訪問でペルセポリスを訪れたばかりでしたから、もっと知りたいと思い手入れた次第です。

清張さんは、NHKのスタッフと取材に行っているのですが、それまでに幾度も訪問されているようです。正倉院の宝物「白瑠璃切子」のルーツ(ササン朝ペルシャから伝わったもの)に似た白瑠璃碗をテヘランの骨董屋で手に入れたことから、この度が始まったそうです。

その仮説は、飛鳥時代にペルシャ(イラン)から人が訪れていたと言う仮説を検証するのが旅の目的でした。

これから、読み込んでゆくのが楽しみです。 (K/T)

Comments are closed.