ペルシャに興味ありますか?

見てみようペルシャ!

Page: ペルシャ(イラン)と医学史

 私たち一般的な日本人にとって、イランは遠い見知らぬ国の様です。しかし、その繋
がりは、意外と古いのですね。奈良にある正倉院の宝物に、白瑠璃碗があります。
これは、ペルシャ伝来のもので、1250年以上前のガラスとのことです。

 このページでは、ガラスではなくペルシャと医学の繋がりを少しご案内しようと思い
ます。
 ペルシャ(現在のイラン)が残した医学的な業績は、西洋医学の基礎を築いたと
言われるほど素晴らしいものなのです。

 世界の医学史に目を向けると、エジプト、バビロニア、ヘブライ、ギリシャ、ローマ、
インド、ペルシャの医学史が近代&現代医学の基に広がっているのが見えてきます。
 ペルシャは、その地理的条件からギリシャとインドから医学発展の恩恵をうけました。
ペルシャの医師たちは、それを糧にして独自の発展をなし遂げたのです。
 世界最古の医師養成機関は、ジュンディーシャープール大学と言われています。
この大学では、医師を養成する目的を持った病院が考案され、第一世代のペルシャ医師
が養成されました。
 医学の発展に貢献したペルシャの医師を選ぶとすると、多数の医師が候補となります。
 AlRaziアル・ラーズィーは、イランの 865年Ray(レイ)に生まれ、
925年にそこで亡くなりました。

 ラーズィーは医学・錬金術・哲学の基礎を作り、様々な
科学分野で論文を書き、書いた本は記録されているだけで
も184冊にのぼるそうです。

 彼はペルシャ、古代ギリシア、インドの医学にも精通し
ており、観測や発見によって医学に多くの進歩をもたらしました。
 ラーズィーは、実用医学の初期の賛成者にして、小児医学の
父とも呼ばれ 、脳神経外科学と眼科学の開拓者でもありました。

 また、初めて治療にアルコールを用いた医師でもあります。
IbnSina イブン・スィーナーは、980年現在のウズベキスタン
のブカラに生まれました。1037年イランのハマダンで
没しました。それゆえ、ハマダンには霊廟が建立され
ています。

哲学者であり、医師でもあるイブン・スィーナーも また大きな影響を与えた人物であり、著作の『医学典 範』は、医学史の中で最も有名な書のひとつと数えら れ、18世紀までのヨーロッパに於いて、医学の標準テ キストでした。

当時の世界の大学者であると同時に、イスラーム世界が
生み出した最高の知識人と評価され、ヨーロッパの医学、
哲学に多大な影響を与えました。

後世の人間は彼を「第二のアリストテレス」、「アリス
トテレスと新プラトン主義を結びつけた人間」と見なし、
アリストテレス哲学と新プラトン主義を結合させたことで
ヨーロッパ世界に広く影響を及ぼしました。  アラビア医学界においては、アル・ラーズィーと並ぶ巨
頭として名前が挙げられています。

 IbnIlyasBodySystemマンスール・イブン・イリヤスは、シラーズの代々
医者、学者の家系に生ました。

彼の業績は、全般的な医学百科全書の著作および解剖学の研究
です。 著作の『人体解剖書』(1390年頃)には、人体構造上の
神経系・循環器系の全図がすでに描かれています。  ※右記参照   From: Mansur ibn Ilyas   Manuscript, ca. 1450   U.S. National Library of Medicine.  などなど、余りにも多数なので、この位にしておきましょう。 ※出典:Wikipedia

 ペルシャの医学を題材にした、有名な大河小説があります。

 著者はノア・ゴードン、作品は「千年医師物語」です。1986年のリリースで、当時
世界的ベストセラーとなり、日本では角川書店が約10年前に日本語訳をリリースしま
したが、残念ながら現在は絶版となっています。

 舞台は、11世紀の英国、孤児となった若者が医師を目指し幾多の困難を経て、遠く
ペルシャに渡り医師となり、医学の発展に貢献します。そして、その子孫が世界的に
広まり1000年もの一族の歴史を刻むと言う、ロマンに溢れた壮大な物語です。

 その中では、ペルシャの王、貴族、病院、医師が生き生きと描かれ、実在の人物も
でてきます。ノア・ゴードンは、膨大な調査に基ずいてこの作品を仕上げた事でしょ
うね。 
 
 2013年にドイツで'The Physician"というタイトルで、この著作を構成する3部作
の第1部が、映画化されました。2014年7月現在、日本ではまだ公開されていませんが、
公開が楽しみです。
 機会が有れば是非ご覧になってください。私は、原作を読み(もちろん日本語で)
とても感動しましたが、映画が楽しみです。
 映画の紹介ページはこちらです。

@Copyright 2014 Gallery Takimoto

Comments are closed.